豆乳 効果

豆乳と牛乳の違い(栄養と効果)

豆乳と牛乳、見た目は良く似ていていますが、栄養と体に対する効果は大きく違っています。

 

豆乳の栄養と効果

豆乳は大豆から作られるのでタンパク質は植物性で、コレステロールを含んでいません。逆にコレステロールを減らす役目をするリノール酸を多く含んでいるので、コレステロール値が高いとかかりやすい高血圧や糖尿病といった生活習慣病の予防を心掛けている人に向いています。

 

豆乳は、ビタミンB群やビタミンE、カルシウムなどの微量栄養素も含んでいます。特に鉄分は牛乳の10倍以上含まれているので、貧血気味の人にお勧めの飲み物です。大豆レシチンには、血管の内側にへばりついたコレステロールを溶かして体外に排出する働きがあります。さらに、大豆サポニンには抗酸化作用があるので、シミやそばかすができるのを抑える効果があるので、美肌効果にも役立ちます。

 

牛乳の栄養と効果

牛乳は動物性タンパク質で、体内では合成できない必須アミノ酸8種類すべてを含んでいます。牛乳は、カルシウムが豊富で豆乳の6倍近く含んでいます。成長期の子供に牛乳を飲ませると、骨の成長を促す効果が期待できます。

 

牛乳は、栄養価が高いだけあって、カロリーが豆乳よりずっと高いので、ダイエット中に飲む場合はカロリーの取りすぎに気を付けなければいけません。しかし、良質な動物性タンパク質とカルシウムの補給に適しているので、豆乳との栄養の違いを知った上で両方をバランス良く飲むことで健康を維持することができます。


スポンサードリンク

豆乳と牛乳の違い(栄養と効果)関連ページ

豆乳の効果
豆乳の効果について説明しています。栄養豊富な豆乳が体に及ぼす効果は様々です。美容や健康に良いのはもちろん、高血圧や更年期障害など様々な症状にも効き目があります。
豆乳の栄養
豆乳の栄養について説明しています。豆乳には健康と美容に良い豊富な栄養が含まれています。
豆乳の成分
豆乳の成分のご紹介です。主成分の植物性たんぱく質や大豆フラボノイド、大豆レシチンの働きは?また、豆乳にはビタミン群やミネラルも含まれています。
豆乳のカロリー
豆乳のカロリーについて説明しています。無調整タイプで100gあたり45kcal、調整タイプで100gあたり55kcalあります。健康に欠かせない必須栄養素を豊富に含んでいるので、ダイエット中の健康を守ってくれます。
豆乳の健康効果
豆乳の健康効果について説明しています。豆乳に含まれるバランスの良い栄養素は、老化防止や生活習慣病の予防にも効果があります。
豆乳の美容効果
豆乳には、美しい体を作るために必要な栄養素も含まれています。豆乳に含まれるポリフェノール、オリゴ糖、ビタミンB群などは、あなたの美容をサポートします。
豆乳のアンチエイジング効果
豆乳にはアンチエイジング効果があります。豆乳の栄養素が老化防止のためにどのような働きをするのか、ここでは説明しています。