豆乳 アンチエイジング

豆乳のアンチエイジング効果

豆乳にはアンチエイジング効果があります。

 

大豆レシチンは、脳の神経細胞膜を作る上で欠かせない物質です。豆乳を飲むことで、学習能力や集中力が高まるのは大豆レシチンの働きだと言われています。大豆レシチンを摂取すると記憶力が衰えにくくなることも知られており、アンチエイジングに大きな役割を担っている栄養素です。

 

大豆サポニンは、血液に含まれているコレステロールや中性脂肪を溶かして体外に排出する働きがあります。その上、動脈硬化の原因となる血液の壁にくっついて固まっているコレステロールも取り除いてくれます。

 

サポニンには、抗酸化作用もあり、活性酸素の働きを食い止める働きをします。細胞膜を作っている物質の一つである脂質は、年を取ると主に活性酸素の働きで過酸化脂質に変化します。このように、活性酸素によって体が酸化するのが老化現象です。豆乳を飲むと、この活性酸素の働きを抑えることができるので、アンチエイジングに役立ちます。

 

大豆のタンパク質は、植物性なのでコレステロールを含んでいません。コレステロール値が高いと、高血圧や糖尿病、心臓病や脳梗塞などの病気にかかるリスクが飛躍的に増加します。コレステロール値が気になる人は豆乳を飲むと良いでしょう。

 

豆乳に含まれている大豆フラボノイドは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た働きをすることで知られています。更年期を迎えた女性は、エストロゲンの分泌が減って骨がもろくなります。更年期の女性は、大豆フラボノイドを補給することが鬆症防止につながります。

 

豆乳は、アンチエイジングに不可欠な飲み物です。


スポンサードリンク

豆乳のアンチエイジング効果関連ページ

豆乳の効果
豆乳の効果について説明しています。栄養豊富な豆乳が体に及ぼす効果は様々です。美容や健康に良いのはもちろん、高血圧や更年期障害など様々な症状にも効き目があります。
豆乳の栄養
豆乳の栄養について説明しています。豆乳には健康と美容に良い豊富な栄養が含まれています。
豆乳の成分
豆乳の成分のご紹介です。主成分の植物性たんぱく質や大豆フラボノイド、大豆レシチンの働きは?また、豆乳にはビタミン群やミネラルも含まれています。
豆乳のカロリー
豆乳のカロリーについて説明しています。無調整タイプで100gあたり45kcal、調整タイプで100gあたり55kcalあります。健康に欠かせない必須栄養素を豊富に含んでいるので、ダイエット中の健康を守ってくれます。
豆乳の健康効果
豆乳の健康効果について説明しています。豆乳に含まれるバランスの良い栄養素は、老化防止や生活習慣病の予防にも効果があります。
豆乳の美容効果
豆乳には、美しい体を作るために必要な栄養素も含まれています。豆乳に含まれるポリフェノール、オリゴ糖、ビタミンB群などは、あなたの美容をサポートします。
豆乳と牛乳の違い(栄養と効果)
豆乳と牛乳はよく似ているので、同じ栄養や効果が期待できそうに思えますが、大きな違いがあります。健康のためには、両方をバランスよく飲むことがオススメです。