豆乳 健康

豆乳の健康効果

豆乳は、必須栄養素をバランス良く含んでいるので健康を維持するのに最適な食品です。大豆のタンパク質は、動物性タンパク質と違って脂肪分となって体にたまりにくいのが特徴です。さらに、基礎代謝を高める働きがあるので、自然に太りにくい体質になるという効果もあります。

 

豆乳に含まれているサポニンには、血液中のコレステロール値を下げる作用がある上、脂肪の蓄積を防ぐ働きも認められています。コレステロール値のコントロールは、高血圧や糖尿病にならないために欠かせません。生活習慣病の予防のために、サポニン効果を期待して豆乳を飲むのもお勧めです。

 

豆乳の抗酸化作用も、健康の上で見逃せません。サポニンには、抗酸化作用があり、体の酸化を防ぐと言われています。酸化というのは活性酸素によって細胞が傷付くことを意味し、これが老化につながるのです。日頃から豆乳を飲むことで、細胞の老化現象を防止して健康な体を手に入れることができます。

 

ポリフェノールの一種、大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと良く似た構造をしていて、働きも殆ど同じという物質です。エストロゲンは、骨量のコントロールにも深くかかわっている物質なので、更年期を迎えた女性はエストロゲンの不足で骨粗鬆症にかかりやすくなりますが、大豆フラボノイドが健康で丈夫な骨を作る役割を果たしてくれます。

 

豆乳は、錆びないカラダを手に入れ、生活習慣病の予防もできる栄養たっぷりの飲み物です。


スポンサードリンク

豆乳の健康効果関連ページ

豆乳の効果
豆乳の効果について説明しています。栄養豊富な豆乳が体に及ぼす効果は様々です。美容や健康に良いのはもちろん、高血圧や更年期障害など様々な症状にも効き目があります。
豆乳の栄養
豆乳の栄養について説明しています。豆乳には健康と美容に良い豊富な栄養が含まれています。
豆乳の成分
豆乳の成分のご紹介です。主成分の植物性たんぱく質や大豆フラボノイド、大豆レシチンの働きは?また、豆乳にはビタミン群やミネラルも含まれています。
豆乳のカロリー
豆乳のカロリーについて説明しています。無調整タイプで100gあたり45kcal、調整タイプで100gあたり55kcalあります。健康に欠かせない必須栄養素を豊富に含んでいるので、ダイエット中の健康を守ってくれます。
豆乳の美容効果
豆乳には、美しい体を作るために必要な栄養素も含まれています。豆乳に含まれるポリフェノール、オリゴ糖、ビタミンB群などは、あなたの美容をサポートします。
豆乳のアンチエイジング効果
豆乳にはアンチエイジング効果があります。豆乳の栄養素が老化防止のためにどのような働きをするのか、ここでは説明しています。
豆乳と牛乳の違い(栄養と効果)
豆乳と牛乳はよく似ているので、同じ栄養や効果が期待できそうに思えますが、大きな違いがあります。健康のためには、両方をバランスよく飲むことがオススメです。