豆乳 栄養 

豆乳の栄養

豆乳にはどのような栄養が含まれているのでしょうか。

 

植物性たんぱく質

食事でとった余分な脂質やコレステロールを排出する働きがあります。さらに、体脂肪の燃焼を促して体脂肪が体に貯まるのを抑える効果があるため、食べても太りにくいのが特徴です。タンパク質は必須栄養素と言われ、ダイエット中でも欠かさず取っておきたい栄養です。

 

大豆フラボノイド

ポリフェノールの一種である大豆フラボノイドは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと良く似た働きをするため、女性はふっくら丸みを帯びた体のラインをキープしながら体脂肪を落としていくことが可能です。

 

大豆サポニン

豆乳に含まれている大豆サポニンは、腸内の絨毛(じゅうもう)を細くする作用があるので、その結果脂肪や糖質の吸収を送らせる働きをします。更に、食欲を抑える働きもあるという研究結果もあるので、つい食べ過ぎて困っているという人は、豆乳で食欲コントロールをすることを検討してみてはどうでしょう。

 

大豆プチペド

アミノ酸の一種です。体が吸収した脂肪を燃焼させるように働きかける作用があります。基礎代謝が低いと、効率良くエネルギーに変わるので、余ったカロリーは脂肪になって蓄積されます。大豆ペプチドは、基礎代謝を高くする作用があるので、豆乳を飲むことで、太りやすかった体質の人でも、体質脂肪が燃焼しやすく太りにくい体質に変化していきます。

 

豆乳の栄養の効果を得るためには、たまに大量に飲むのではなく、毎日適量を続けて飲むのがポイントです。冷蔵庫に豆乳をいつも欠かさずストックする習慣を持ちたいものです。


スポンサードリンク

豆乳の栄養関連ページ

豆乳の効果
豆乳の効果について説明しています。栄養豊富な豆乳が体に及ぼす効果は様々です。美容や健康に良いのはもちろん、高血圧や更年期障害など様々な症状にも効き目があります。
豆乳の成分
豆乳の成分のご紹介です。主成分の植物性たんぱく質や大豆フラボノイド、大豆レシチンの働きは?また、豆乳にはビタミン群やミネラルも含まれています。
豆乳のカロリー
豆乳のカロリーについて説明しています。無調整タイプで100gあたり45kcal、調整タイプで100gあたり55kcalあります。健康に欠かせない必須栄養素を豊富に含んでいるので、ダイエット中の健康を守ってくれます。
豆乳の健康効果
豆乳の健康効果について説明しています。豆乳に含まれるバランスの良い栄養素は、老化防止や生活習慣病の予防にも効果があります。
豆乳の美容効果
豆乳には、美しい体を作るために必要な栄養素も含まれています。豆乳に含まれるポリフェノール、オリゴ糖、ビタミンB群などは、あなたの美容をサポートします。
豆乳のアンチエイジング効果
豆乳にはアンチエイジング効果があります。豆乳の栄養素が老化防止のためにどのような働きをするのか、ここでは説明しています。
豆乳と牛乳の違い(栄養と効果)
豆乳と牛乳はよく似ているので、同じ栄養や効果が期待できそうに思えますが、大きな違いがあります。健康のためには、両方をバランスよく飲むことがオススメです。