豆乳 効果

豆乳の効果

栄養豊富な豆乳が体に及ぼす効果は、驚くほどたくさんあります。
大豆は、そのままでは消化があまり良くない食べ物ですが、豆乳にすると90%以上が消化・吸収されるので、栄養を無駄なく取ることができます。

 

豆乳の植物性タンパク質は、必須アミノ酸をバランス良く含んでいる上、コレステロールを下げる作用があるのが特徴です。その上、豆乳に含まれる脂質は、8割がコレステロールの含有率が低い不飽和脂肪酸なので、コレステロール値をコントロールできるので血圧の上昇を抑える効果があります。

 

この他にも、豆乳には様々な体に良い物質が含まれています。その一つであるレシチンは、コレステロールを溶かして血流を良くする働きがある上、脳の活性化にも役立つと言われています。

 

大豆フラボノイドは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと良く似た働きをすることで知られ、女性の体型をふっくらさせる他、骨粗鬆症の予防にも有効です。大豆フラボノイドを取ることで、更年期の女性は更年期障害の症状を軽くする効果も期待できます。

 

大豆サポニンは、脂肪の蓄積を防ぐ他、血栓の予防や活性酸素の働きを抑制するといった働きがあるので、成人病や老化防止に関係する重要な物質として注目を浴びています。さらに、腸内の絨毛(じゅう毛)を収縮させるので栄養分の過剰吸収を抑えてくれます。そのため、大豆サポニンは肥満防止の救世主と呼ばれるほどです。

 

肥満防止や老化予防のためにも、豆乳を毎日の食生活で取り入れましょう。


スポンサードリンク

豆乳の効果関連ページ

豆乳の栄養
豆乳の栄養について説明しています。豆乳には健康と美容に良い豊富な栄養が含まれています。
豆乳の成分
豆乳の成分のご紹介です。主成分の植物性たんぱく質や大豆フラボノイド、大豆レシチンの働きは?また、豆乳にはビタミン群やミネラルも含まれています。
豆乳のカロリー
豆乳のカロリーについて説明しています。無調整タイプで100gあたり45kcal、調整タイプで100gあたり55kcalあります。健康に欠かせない必須栄養素を豊富に含んでいるので、ダイエット中の健康を守ってくれます。
豆乳の健康効果
豆乳の健康効果について説明しています。豆乳に含まれるバランスの良い栄養素は、老化防止や生活習慣病の予防にも効果があります。
豆乳の美容効果
豆乳には、美しい体を作るために必要な栄養素も含まれています。豆乳に含まれるポリフェノール、オリゴ糖、ビタミンB群などは、あなたの美容をサポートします。
豆乳のアンチエイジング効果
豆乳にはアンチエイジング効果があります。豆乳の栄養素が老化防止のためにどのような働きをするのか、ここでは説明しています。
豆乳と牛乳の違い(栄養と効果)
豆乳と牛乳はよく似ているので、同じ栄養や効果が期待できそうに思えますが、大きな違いがあります。健康のためには、両方をバランスよく飲むことがオススメです。