豆乳ダイエット 注意

豆乳ダイエットで注意すること

豆乳ダイエットは、手軽さと栄養バランスの良さが支持され、人気の高いダイエット方法です。
しかし、豆乳ダイエットを行う際には守ってほしい注意点があります。

 

豆乳には大豆イソフラボンという栄養素が含まれています。
大豆イソフラボンは、植物性タンパク質であるポリフェノールの一種です。大豆イソフラボンは、化学構造式が女性ホルモンの1種であるエストロゲンに良く似ているだけでなく、エストロゲンに似た働きをすることが知られています。

 

豆乳ダイエットを行う際に、豆乳を摂り過ぎるとイソフラボンも摂り過ぎになる恐れがあるので注意が必要です。エストロゲンに良く似たイソフラボンの取りすぎにより、女性ホルモンのバランスが崩れる可能性が出てくるのです。

 

イソフラボンの過剰摂取は、月経周期の乱れを引き起こしたり、子宮内膜増殖症を発祥するリスクを高めるという報告もあります。そのため、国の機関である「食品安全委員会」では、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」を発表して、大豆イソフラボンの過剰摂取に注意を促しています。日当たりの大豆イソフラボンの摂取量の目安は、70〜75mgが良いとのことです。

 

豆乳ダイエットの基本は1日200〜250cc程度の豆乳を食事の前に飲むことですが、この量は「食品安全委員会」が推奨する摂取量の範囲内ですから安心してください。

 

毎日飲む豆乳の量に注意を払いさえすれば、豆乳の栄養が体を守ってくれることで健康にダイエットを行うことができるのです。


スポンサードリンク

豆乳ダイエットで注意すること関連ページ

豆乳ダイエットとは
豆乳ダイエットとは、栄養が豊富で低カロリーの豆乳を使ったダイエット方法です。豆乳を、そのまま飲むだけでなく、おかずやお菓子の材料に使うことができるため、食べる楽しみを損なわずに無理なくダイエットを続けることができるので人気があります。
豆乳ダイエットのやり方
豆乳ダイエットのやり方について説明しています。豆乳ダイエットは食事の30分ほど前に飲むのがポイントです。ただしいやり方でダイエットを成功させましょう。
豆乳ダイエットの効果
豆乳ダイエットの効果について説明しています。豆乳には健康と美しいプロポーションを手に入れるために必要な栄養素が凝縮されています。
豆乳ダイエットのレシピ
豆乳ダイエットのレシピのご紹介です。豆乳プリン、豆乳スープ、豆乳リゾット、豆乳フローズンヨーグルトなど、色々なレシピを取り入れれば、飽きずに楽しみながらダイエットを続けられます。
豆乳ダイエットで成功するためには?
豆乳ダイエットで成功するためには、3つの秘訣があります。これらの3つを必ず守ってください。また、適度な運動も摂り入れることによってさらなる効果を得られるでしょう。
豆乳ダイエットで失敗しないために
豆乳ダイエットで失敗しない為の秘訣について説明しています。失敗しないためのポイントはどれもシンプルで実行しやすいことばかりですので、これらのことをしないように注意して取り組みましょう。
豆乳で胸残しダイエット
ローカロリーで栄養価が高い豆乳を使った豆乳ダイエットは、体重を減らしても胸はそのままという胸残しダイエットができることで有名です。
杉本彩さんと豆乳ダイエット
杉本彩さんの美しいボディラインの秘密は豆乳にあったのです。美しいボディラインを目指して豆乳ダイエットを始めませんか?
ダイエット向きの豆乳は?
豆乳には3種類ありますが、ここではダイエットに向いた豆乳について説明しています。ダイエット継続の秘訣は、これらの3種類を上手に使い分けることです。
豆乳ダイエットと豆腐ダイエットの違い
豆乳ダイエットとと豆腐ダイエットの違いを説明しています。豆乳も豆腐も同じ大豆から出来た食品ですので栄養の違いはありませんが、ダイエットのやり方やカロリーには若干の違いがあります。